スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お雑煮

チョ子の実家のお雑煮だチョ





鶏肉に人参、ほうれん草、大根、
しいたけ、里芋など、たくさんのお野菜


そして、メインのお餅は油で揚げているチョ
揚げられたお餅は出汁を吸って
トロトロ


これがたまらなくおいひいチョ)^o^(



昔からこれを食べてきたものですから

友人宅で出された焼き餅お雑煮にびっくりしたチョ


もちろん、焼き餅よりカロリーは高いんだけど
お正月だから気にしていられんよ。


絶対おいしいから、お試しあれ!



母乳で栄養を吸い取られているチョ子でしたっ
スポンサーサイト

2012

明けましておめでとうございます


2012年tanmachi×tanmachiをよろしくお願いいたします。


反町も益々繁栄していくことを願っています


チョ子の実家の初日の出だチョ


プレゼント

先月のチョ子の誕生日祝いとして、タローさんがお花とiPadをプレゼントしてくれたチョ


なので試しにiPadから投稿してみる。



あ、こつぶちゃんがデブちんなのがバレた。


育休中のチョ子でしたっ

パンツェッタ・タローラモ

栗田谷支部の活動を報告するテョ


今回、チャレンジしたのは・・・
『パンツェッタ』
だテョ




でも、
実は「パンツェッタ」というのは


「豚のばら肉」
または

「塩漬けした豚のばら肉」
または

「日本で活躍するチョイ悪親父のイタリア代表
のことを指すテョ

なので、今回作るのは
「豚肩ロースの塩漬け肉」
なのですが、メンドイので「パンツェッタ」と呼ぶテョ



いろんな方が紹介されているので、
ウチはウチなりのアレンジをしているテョ
なので、中毒になったりしても責任は終えないテョあしからずテョ





まず、用意したものは・・・



そこらへんで手に入る新鮮な肉テョ
IMG_7742.jpg



                  


・・・





・・・




ニャース!
ニャース!
ニャース!
ニャース!









・・・ちょっとブラックだったテョ
友情出演はタローラモ実家愛猫の「ちー」だテョ



改めまして、用意したものは・・・

特売の新鮮な豚ロース肉 777グラム(完成時に10%以上縮むテョ)
塩 44グラム  (お肉の5~10%、追加分含まずだテョ
黒胡椒 適当  (粗挽きできるものが良いテョ)
クレイジーソルト 適当  (ハーブや香辛料が混ざった塩の調味料だテョ)
お好みのハーブ 適量(今回はクレイジーソルトがあるので、ローズマリーのみを用意)
パストリーゼ77 適量  (アルコール系消毒剤)←食品に使える消毒剤テョ
キッチンペーパー 大量  (本来は給水シートの方が良いです)
輪ゴム 適当
密封できるビニール袋(ジップロックなど) 一枚 (お肉が入るサイズ)
重し ひとつ (1.5リットルのペットボトルなどでOK

IMG_6415.jpg

全体を通した大切なポイントは


「豚肉なので殺菌には十分気をつける」

ことと、


「お肉を忘れると作れない」

ことだテョ






さてと・・・

なんだか、ここまで書くのに大変だったので、
後はさらりと行くテョ。




手順①
消毒したまな板の上に豚肉を乗せ、フォーク等の鋭利なもので、肉を親の敵のように滅多刺しにするテョ
IMG_2388.jpg




ポイントは、

「刺し終わった後の肉を見て、親への愛情度がわかる」


ことと、


「木のまな板を下に敷いて刺した場合、勢い余ると、まな板がとても残念なことになっている場合がある


ことだテョ。
まな板が残念なことになった事は秘密だテョ


本当のポイントは、お肉を刺し方についてだテョ。
そもそも肉を塩漬けにするのは長期間保存するためで、余計な水分を抜く事は需要なポイントなのだテョ。その「水分」と「脱水するための塩分」を通しにくい脂肪の層に道を作ってあげる為に刺すので、それを考えて刺すといいテョ
あと、気にする方はお肉にパストリーゼを噴霧して殺菌しても良いと思うテョ。






手順②
塩+クレイジーソルトを母親から自分への愛情を思い浮かべながら優しくすり込み、黒胡椒とお好みのハーブ(今回はローズマリー)を塗すテョ
IMG_7675.jpg

IMG_9599.jpg
IMG_5189.jpg
側面や肉の切れ目にもきちんとすり込んであげるのが、母親の愛情だテョ




手順③
キッチンペーパーで包み、ロースハム職人になったつもりで均等に輪ゴムでしばっていくテョ。これを密封袋に入れて、冷蔵庫の中で重しにかけて「脱水」開始テョ
IMG_4641.jpg
あ・・・これ以外、画像取り忘れたテョ







手順④
次の日から、脱水された水分を吸収したキッチンペーパーを「適宜」交換していくテョ

「適宜」というのがミソで、最初は水分が沢山出るので毎日やるテョ。


IMG_8476.jpg
最初のころは水分が沢山出るテョ。

IMG_9756.jpg
5日もすれば、2~3日毎に交換でいいと思うテョ

IMG_3988.jpg
2週間後には「777グラム+44グラム+α=821グラム+α」→「682グラム」になっていたテョ




手順⑤
三週間くらい脱水すれば、たぶん完成だテョ
IMG_1428.jpg
水分もほとんど出なくなったテョ。





気になる断面は・・・









IMG_1143.jpg
っほい!こちらテョ









IMG_0726.jpg
※以前、作った豚バラ肉バージョンはこちらテョ。





豚肩ロースは脂身が少なくて水分が多く、豚バラ肉の時より交換頻度が多かったテョ

豚バラ肉パンツェッタは脂が多いので、カルボナーラなどのソースを作る際の炒め油兼用具材として。
豚肩ロースは、細かく切って、ピラフやチャーハン・ピザなどの具材として使ってみたらいいと思うテョ。










あー、久々にブログを更新したら疲れてしまったテョ。

って、チヨ子の代わりにチヨ子風にブログを描いたパンツェッタ・タローラモでした。

テーマ : 料理
ジャンル : 結婚・家庭生活

レアチーズケーキ

産休中のこつぶちゃんが産まれる前はなので

レアチーズケーキを作ってみたチョ



まず、タルト生地はMARIEのビスケットを使用

レアチーズケーキ1



砕いて、溶かしバターを混ぜて
お皿に敷き詰めて冷蔵庫
レアチーズケーキ2






フィリングは参考にしたレシピの半分の分量にしたチョ

レアチーズケーキ3

 クリームチーズ
 ヨーグルト
 砂糖
 生クリーム
 レモン汁
 ゼラチン






まずはクリームチーズを柔らかくして
ホイップで混ぜ混ぜ
レアチーズケーキ4




砂糖を2~3回に分けて入れ
ヨーグルト・生クリーム・レモン汁を入れると

やわらかく、ふんわりするチョ
レアチーズケーキ5

生クリームをホイップしてから入れると
さらにふんわりするかもしれんね




ゼラチンを混ぜたら
タルト生地の上に流し入れ
冷蔵庫で冷やし固めて 完成
レアチーズケーキ6


うちにはタルト用の型(底が抜けるタイプ)が無いので
普通のお皿でやったから
取り出すときが大変だったチョ





アプリコットジャムをかけてみたチョー
レアチーズケーキ7


そうねぇ
味は悪くないのだけど
フィリングはゼラチンで固めた感が強かったので
ゼラチン減らしても良かったかなぁ


そすればもっと柔らかくなったかもぉ





レアチーズケーキにはやっぱり
ブルーベリージャムが合うと思うチョ子でしたっ


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

tarolamo&cho子

Author:tarolamo&cho子
行ってみよう!反町探訪

建築写真はIXYもしくはEOS KISS
その他はケータイで撮影しています

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。