スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八起

[おでん]と書かれたちょうちんに惹かれ
八起に入ったチョ

反町駅をへ、泉町の交差点をへ300mくらいの所にあります。

中に入ると昔ながらの小料理屋の様な雰囲気を漂わせ、
大将が楽しく話をしてくれるチョ
八起1




まずは何を言わなくても、つき出し3種が出てきます
ひじきの煮物・明太子・金柑の甘露煮
八起2

わぁ、彩り綺麗
お上品に食べたくなる品でした




さて、取り合えずお刺身かな・・・
なんてタローさんと相談してると

大将が
「今日は赤貝、カンパチがあるよ!」

勧められるがままに注文
赤貝・カンパチの刺身
八起3

意外と沢山盛ってあったチョ
赤貝の身は大きく、コリコリ食感
イソイソしてておいしかった
(あ、磯の香りがするってことだチョ)


私たち、おでんの提灯に惹かれて
入ったのに、壁に貼られたメニューの中には
おでんの文字が見当たらず
恐る恐る大将に聞いてみた


そしたらちゃんとあるじゃないですかっ
おでんの盛り合わせ
八起4

大根厚揚げはんぺん焼き豆腐タマゴ・・・
出汁がよく出ていて、でも主張し過ぎず
素材の味が活かされていたチョ

正直、お店に入る前まで
カウンターの上におでん鍋が並んで
それをお客さんが見ながらおでんの具を
選ぶのだと思っていたので、少し残念でしたが

味はピカイチだチョ




鴨の燻製冷菜
八起5

鴨肉の旨味がギュッ
日本酒や焼酎に合いますよぉ




シメに牛すじ煮込みの雑炊
八起6

一人用土鍋にたっぷり。
あ~温まるねぇ
牛すじはトロットロに煮込まれていて
ほっぺがおちそ



沢山注文したし一品一品の量が多めなのに
料金がお安いのです




三千石に代わるかわからないけど
大事なお店を発見したチョ子でしたっ


スポンサーサイト

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まだ風の冷たい季節、
提灯に書かれた「おでん」という文字は
「天国入口」のような神々しい光を放ちます。

初めて入ったにも関わらず、
気さくに話しかけてくれる大将は、
とってもいい人で、
嫁さんがお酒飲めないのを不憫に思って、
デコポンを頂いちゃいました。

人情や風情が感じられる素敵なお店です。

この店は全然知りませんでした。
大将の人柄も良さそうで、
気持ち良くお酒を楽しめそうなお店ですね。
因みに、この近所の関とうふ店は
私の中学校時代の先輩ですので
宜しくお願いします(笑)

No title

こんばんは、オリゾーさん。

関豆腐店さんも気になってましたが、なかなか昼に活動しない
反町探訪家なので、敷居が高いです^^;

大将は、目の前の通りの色々なネタ話をして
くれるので、一度行けば、もう街の住民の仲間入りです。

一度で二度美味しい、六転び八起です。
プロフィール

tarolamo&cho子

Author:tarolamo&cho子
行ってみよう!反町探訪

建築写真はIXYもしくはEOS KISS
その他はケータイで撮影しています

カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。